死ぬまでにやりたいことリスト達成のために。

死ぬまでにやりたいことを達成するために女子大生が努力するブログです。読んだ人が楽しく生きるためのヒントになればいいな。

自分を愛すること。人の愛を受け入れること。成長したい人こそ、ダメな自分を愛して。

最近、心が忙しい。

誰かの小さな言動や、挙動によって、自分の中の信念が守られなかった時、

小さな刃物みたいなのが心の中に入り込んできて、

ずっとチクチクと傷つき続けているような感覚。

 

いろんな出来事が心の中に入り込んできて、ずっと、頭の中を占拠している。

過去の、自分について。あの時失敗したこと。あの時否定されたこと。

今の、自分について。やるべきことがたくさんあるということ。

未来の、自分について。「こうなりたい」ということ。そのために必要なこと。

 

考えるたびにすごく疲れるのに、考えずにはいられない。

心が忙しく動いているから、訳も分からず疲れてしまって、

何をしたらモヤモヤが解決するのかすら分からなくって、

誰かに頼ろうと思ったけど、誰を頼っていいのか分からない。

 

そもそも、こんな小さなことで誰かに連絡してしまって、迷惑をかけてしまったらどうしようとか、

嫌われたらどうしようとか、迷惑をかける自分が嫌いだとか、

また考えてしまって無限ループに陥る。

 

 

これまでぶつかったことのない壁にぶつかっている。

これまで、小中高さらには大学でも、「優秀」「賢い」「仕事できる」と言われることが多かった。

「私は強い」「一人でも生きていける」という自負があった。無意識のプライドがあった。

 

とある出来事をきっかけに、自己内省を続けていくうちに、自分の弱い部分に直面したとき、

「人に頼ってもいい」ということが分からなかった。

これまで頼ったことがなかったから。

 

人を頼ることってものすごく怖い。

 

だけど、勇気を出して助けを求めたとき、反応が返ってきたとき、

あぁ、

私が思っていたよりもずっと近くに、手を差し伸べてくれた人がいたんだぁって

気づかぬうちに、たくさんの愛に囲まれて生きてきたんだなぁって

実感が湧いて、とてつもない幸せを感じることができる。

 

ダメな自分を愛し、受け入れること。そして、人の「愛」に甘えること。

ダメな自分を愛する。「愛」とは、ダメな部分を受け入れること、認めること。

ダメな部分 = 未完成な部分。伸びしろ。

 

今、伸びしろがあるなら、まずはその事実を受け止める。

そして、ダメな自分に愛を持って接し、現在地から一歩一歩進んでいく。

 

発展途上の自分だから、たまには人の助けを借りればいい。

思っているより近くに、「愛」を持って接してくれている人がいる。

撮ってほしいと思うようになった。

これまで、人を「撮る」ことが多かった。

友達の笑顔とか、みんなのワイワイした雰囲気とか、自然な表情とか。

かっこいい友達の、アイコンに使う写真を撮ったり。

 

撮られるより撮りたい。

裏方として、みんなの素敵な瞬間を、こっそりと切り取ることが得意だ。

表に出るようなタイプじゃない。

そう思っていた。

そう思うようにしていた。

そう思うことで、自我を抑え込んでいた。

 

 

f:id:greenvert:20210930140740j:plain

2021.08.30 ふらっと入ったお店にて

 

 

だけど、我慢ができなくなった。

私も画角の中に入りたい。

 

みんなと一緒に、笑顔を作って、写真の中に収まりたい。

お気に入りのワンピースを着て、レンズの真ん中に立ちたい。

大好きな人との、私の一瞬を、誰かに切り取ってほしい。

 

 

自己主張が激しくなった。

そう言われるかもしれない。

だけど、きっとそうじゃない。

もとから自己主張は激しい方だった。だけど、外側に出せなかった。

 

内側に眠らせていた、「自己表現したい」という気持ちを、素直に出せるようになった。

 

素直に出しても、認めてくれる仲間に出会えた。

求めて、もがいて、追いかけた。

この人だ。

そう思った。

 

この人についていけば、何か見つかるかもしれない。

そう思わせてくれる人だ。

 

何にも縛られていない人だと感じた。

自由に、やりたいことをやって生きている人だった。

 

羨ましかった。

私もそうなりたいと思った。

 

その人も、その周りにいる人も、みんなキラキラして見えた。

 

この輪の中に入りたい。そう思った。

 

その時の私は、自暴自棄になっていた。

やりたいことなんて分からなくなっていた。

 

目に見えない何かに縛られているようで、たくさんのものにがんじがらめになっていた。

どこか遠くに行ってしまいたかった。誰の目にもつかない、どこか遠くに。

 

どうすればいいか分からず、とにかく追いかけた。

必死にもがいてもがいて、この人になんとかしがみついていこうと思った。

 

この人のコミュニティ、考え方、全てに入りたいと思った。

 

今、私は自由だ。

 

自分で、自分を縛っていた縄を、ほどくことができた。

お笑いって、表現だ。 ~ニューヨーク単独ライブ「Natural」を観て~

ニューヨークの単独ライブ「Natural」を見てきました。

最高だった。

お笑いに対する見方が、また一つ、新しくなった。

f:id:greenvert:20210917234923j:plain

2021.09.17 ニューヨーク単独ライブ「Natural」

ニューヨークを好きになって、1年半ほどだろうか。

 

キングオブコントで準優勝する少し前、大ブレイク直前にファンになり、YouTubeも欠かさずチェックした。

出演するテレビ番組もすべて録画し、どんどん売れていく様子を、うれしいやら自慢したい気持ちやらで見つめていた。

 

もう今は、出る番組をすべて追えなくなるほど、忙しくなっている。

 

 

やっぱりニューヨークさんはすごかった。

本当におもしろかった。

涙が出るほど、笑った。

 

笑いだけじゃなく感動した。

ニューヨークが伝えたかったであろうメッセージが、ネタの節々から感じ取られた。

おもしろくて、感動して、心に色々な感情が湧きおこった。

とにかく、心が動かされた。

 

今日のライブを見て、気づいたことがある。

お笑いって、芸術だし、アートだし、表現だ。


こうやって、お笑いを通して、人の心を動かすこともできるんだ。

お笑いに対する見方がまた新しくなった。

 

ただ、笑うだけじゃないんだ。

ニューヨークのメッセージ、伝えたいこと、価値観が、ビンビン伝わってきた。

 

やっぱりニューヨークさんはすごい。

 

f:id:greenvert:20210918000053j:plain

2021.09.17 余韻ひたひたの帰り道。

芸人さんは、ネタを通じて表現をする。

画家は、絵を通じて表現をする。

作家は、物語を通じて表現をする。

 

私には、何を通じて表現をするのだろう。

伝えたいことはたくさんある。

私の手段は、何だろう。

 

まずはこのブログで、自分を表現する。

少しでも、何かを感じ取ってくれる人がいるのであれば、自分の考えを世に出したい。

(コメントとかくれたらうれしいな)

持つ混乱より、持たない不便。

物を多く持ちすぎると、混乱する。

今、自分が持っているものの数が把握できなくなって、頭がごちゃごちゃになる。

 

例えば、ポイントカード。

色んなお店のを持っていた方がお得だ。

だけど、今自分が持っている枚数が分からなくなって、財布の中もぐちゃぐちゃになって、日常のストレスになってしまう。

だったら、少し不便だけど、持っていない方がいい。

 

私は、買い物は慎重派だ。

買うかどうか、少しでも迷ったのなら、買わない。

たった100円の買い物でさえも、何度もお店に通って本当に必要かどうか確かめて、やっと買う。

お店に何度も通う時間と手間を考えれば、たかが100円。

一旦買って、使ってみてから必要か判断する方が合理的かもしれない。

だけど、今の自分にはそれができない。

 

一度持ってしまったら、物に情が湧いてしまう。

買った後で自分には必要のないものだと分かっても、捨てることができない。

私の都合で捨てられる物がかわいそうだ、と思ってしまう。

必要ないと分かっているのに、無理して使い続けて、私も心地よく生活できなくなっていく。

 

いつかは、大人になって、自分に必要のないものを切り捨てて、生きていけるだろうか。

自制心が効かない。

仕事おーわり。

残業残業。

疲れた。

 

寄り道しても、いいよね?

今日ぐらい、自分を甘やかしてもいいよね?

 

f:id:greenvert:20210914011917j:plain

2021.09.13 買っちゃったー。

 

コンビニに入ってしまった。

買ってしまった。

 

おいしい

 

最近、自制心が効かない。

無性に甘いものが食べたくなる。

買い食いが増えた。

 

家に帰ったら夜ご飯があるのに、

お菓子を食べてしまう。

どうしてだろう。ストレス?

生理痛と、低気圧と。

眠い。

 

…眠い。

考え事をしたいのに、

何も考えられないくらい、眠い。

 

ベッドから、起き上がれない。

しばらくうとうとして目が覚めて、

でも身体が重くて起き上がれない。

f:id:greenvert:20210914011550j:plain

2021.09.12 ベッドから見える景色。(壁)

そうこうしているうちにまた眠気が襲ってきて。

そんな繰り返し。

 

 

あっという間に晩御飯の時間になって、

あーあ。

今日1日何もできなかったなぁ。

 

まあ、そんな日があってもいいのかなぁ

ダメな自分を愛す。